なんか日大悪質タックル問題が大変そうだけど、これを機にアメフトの面白さを知ってほしい

こんにちは。NFL(アメリカのアメフトリーグ)をかれこれ7-8年見てる亀井です。

 

世間はタックルを指示されただの、指示してないだの

さらには関西(かんさい)学院大学じゃなくて関西(かんせい)学院大学だの盛り上がってますね。

 

ちなみにあのプレーは、まあ悪質ですね。

NFLなら即退場だと思います。

 

まあそれは、ワイドショーでやってくれ!

 

アメフト好きな人が少ないよ!
さみしい!

 

というわけでアメフトの魅力を教えてあげます!

 

アメリカでは大人気なんです。

日本ではアメフトはマイナースポーツですが、本場アメリカでは圧倒的人気を誇っています。

 この辺はお決まりなのでWikipedia貼っておきます。

人気格差[編集]

優勝決定戦の全米視聴率(2015年)
NFL スーパーボウル 47.5%[23]
NBA NBAファイナル第6戦 13.4%[23]
MLB ワールドシリーズ第5戦 10.0%[24]
NHL スタンレーカップファイナル第6戦 4.4%[23]

一言で北米4大プロスポーツリーグと言っても、各リーグの人気格差が非常に広がっているのが現状である。2017年ワシントン・ポストの世論調査によると、アメリカ合衆国で最も人気のあるスポーツはアメリカンフットボールであり、野球やバスケットボールに対しては3倍以上、アイスホッケーに対しては10倍近くのポイント差をつけている[1]。アイスホッケーはサッカーに抜かれ5番手に後退しており[1]、NHLは全選手の中でのアメリカ人の割合が2割程度と非常に低い。したがって、アイスホッケーを省いて、「3大プロスポーツリーグ」と称されることもある。

一方、カナダではNHLが最も人気のあるプロスポーツリーグであり、2番人気にカナディアンフットボールのプロリーグであるCFL、3番人気にNFLが続いている[25]。ただ、カナダの人口や経済の規模はアメリカ合衆国の10分の1程度であるのに加え、北米4大プロスポーツリーグでカナダに本拠地を置いているチームが僅か9チームであることからも、北米全体の中での影響力は限定的である。

 

北米4大プロスポーツリーグ - Wikipedia

 アメフトの魅力その1:身体能力がやばい

 これはほんとに動画見てほしいです。

この部分はオリンピックとかの陸上競技見るのが好きな人ならわかると思います。

走ったり、飛んだり、ボールキャッチしたりしてるだけといえばそれだけなんですが、やばいです(語彙力)。

 アメフトの魅力その2:試合展開がドラマチックすぎてやばい

 残り時間1分、10点差ある。

サッカーなら物理的に逆転は無理ですよね。

アメフトはできるんです。

しかもざらにあります。

なんでそんなことになるかというと、ルールがそうなってるんです。

そうなるようにルールを変えてきたんです。

www.nikkansports.com

ちなみにイチローが知らなかったトム・ブレイディ選手は終盤に強く数々の大逆転をしてます。

 

まとめ

まず見て!

www.youtube.com


www.youtube.com

 

今はシーズンオフなのでテレビ中継はやってないですが、シーズン中はBS-1で見れます。無料です。

みんなルール分かってないことが制作側も分かってるので解説も優しいです。 

 

そしてはまったらルールを勉強しよう!

かなりルールは複雑なので全体を学ぶのはマンガのアイシールド21読むのが一番いいと思います。

少年ジャンプで連載してたので、これで知ってる人も多いと思います。

ただ、ここでも書いたようにルール改正があり、連載当時から変わってることも多いですが基本は変わらないので問題ないです。

普通にマンガとしても名作だと思うのでオススメ。

 

アメフトを語れる人が日本に増えてほしい!