ストックフォトサービスまとめ

前回、ストックフォトサービスのShutterStockを紹介しました。

 

www.kamei-research-institute.com

 

ほかにもストックフォトサービスがあるので紹介します。

 

日本のサービス

PIXTA

pixta.jp

国内最大のストックフォトサービス

まだあんまり使ってないです。

始めは月に10枚づつしかアップロードできないので本当は少しずつやっていきたいですが、日本語でタグをつけるのがめんどいので手が出せてないです。

Snapmart

snapmart.jp

スマホ特化したサービス

アプリからしか写真を登録できない

Androidのアプリがないっぽい…

 

写真AC

www.photo-ac.com

フリー素材サイト

使うのは無料ですが、登録した写真がダウンロードされると2.75円もらえます。

単価は低いですが、有料サイトよりダウンロードされやすそうですね。

ForYourImages

foryourimages.com

海外のサービス

ShutterStock

submit.shutterstock.com

今のところメインで使っています。

サイトの使い勝手と自動タグ付けの精度がいい気がするので。

審査も割と緩いので、やる気をそがれにくいです。

 

AdobeStock(Fotolia)

Sell stock photos, videos, vectors online | Adobe Stock Contributor

AdobeがFotoliaというサービスを買収して作ったのがAdobeStockです

。Fotoliaもまだ存在していますが、新規登録はAdobeStockだけっぽいです。

今のところ、このAdobeStockとShutterStockに写真を上げていますが、噂通り審査が厳しいです。ShutterStockでは審査OKの写真がAdobeStockで通らないことがよくあります。逆は今のところないかな?

なのではじめにAdobeStockにだけ登録すると気持ちが折れてしまう可能性があるので、ほかにも登録するのをお勧めします。

EyeEm

www.eyeem.com

2010年にできた新しいサービスでおしゃれです。

スマホアプリもあり、スマホから写真のアップロードができます。

もちろん自動タグ付けにも対応しています。

 

個人的にうれしいところは、PC版ではGooglePhotoなどのほかのクラウドサービスと連携して写真のアップロードができるところです。

自分は撮った写真はすべてGooglePhotoに入れているので助かります。

ほかにもDropbox、GoogleDrive、Flickerと連携できます。

 

まとめ

主なストックフォトサービスを紹介しました。

ほかによさげなのがあれば教えてください。