大した経歴がないエンジニアがフリーランスになった場合

今流行ってますね、フリーランス。
プログラミング勉強してフリーランスエンジニアになりたいみたいな人も増えてる印象です。

ネット上にはキラキラした経歴の人が、キラキラのフリーランスになっている記事はありますが、
普通の人が普通のフリーランスになった記事はあんまないので書いてみようと思います。

経歴

  • 理系(農学部)の大学院卒

学生時代はプログラミング未経験

  • 就活まともにしてなかったので、数ヶ月ニート
  • 派遣・受託開発の会社に入社

3ヶ月研修
C言語

  • 工作機械系のメーカーに3年間派遣

C++
開発で大切なことはほぼここで学んだ気がする
オブジェクト指向
タスク管理
チームでの開発
などなど

  • 自社に戻って受託開発2年間

JAVA, VB.Net, C#.Netなどなど
数人のチームながらPM(プロジェクトマネージャ)を経験
社内処理の多さに辟易する
見積もり作ったり、お客さんと交渉したりっていう経験はフリーランスに活きてる気がする

会社員時代の給料
手取りで20万ちょいでした
平社員からリーダーになったけど、1.5万しか上がらなかった
ほぼ残業してません。多分平均して月5−6時間だと思う
ボーナスは3ヶ月分くらいかな?

  • 退職

退職の2ヶ月前くらいに言いました

  • 1年間ニート

Railsチュートリアルとかもやってたけど、ほぼなんもしてない

  • 知人の紹介でフリーランス開始

条件
3750円 * 160 時間 = 60万 / 月の業務委託契約
業務内容はきっちり決まってなくて、1ヶ月ぶんの仕事してくれたらいいよっていう感じ
リモートでもいいけど、週一くらいで出社してね(実際は週4は出社してます。いいPC使えるし、仕事しやすいんで)
契約は1ヶ月ごと

現在、4ヶ月目ですが関係は良好です。

まとめ

自分で改めて振り返ってみても、そんな大したことないですね。。。
正直、同じくらいの職歴でこれ以上の経歴の人は掃いて捨てるほどいると思います。
その中で違うのは、退職を決めたのと、知人に紹介してもらえたくらいですね。

で、フリーランスになってみてどうかというと、
謎な社内行事に付き合う必要もないし、快適です!
正直、一定レベル以上の人ならフリーランスになった方がいいと思います。
快適かどうかは案件や取引先の担当者との相性もあると思うので運もあるので、いいところに当たるまでガチャ回すのが大事だと思ってるんですが、
フリーランスはガチャ引きやすい(案件変えやすい)ので、そこが結構重要な点かなと思います。

以上